スピーチエディタは音声合成マークアップ言語(SSML)を視覚的に簡単に編集するためのツールです。

スピーチエディタ

第1章 はじめに

スピーチエディタの目的、動作環境、インストール方法などを説明します。

1.1 スピーチエディタとは

人間の音声をコンピュータにより人工的に作り出すことを音声合成といいます。特にテキスト(文章)を音声に変換することをテキスト音声合成といいます。
最新の技術により、入力されたテキストはそのままで自動的に音声に変換することができるようになりましたが、意図的に音声出力を変えたい場合もあります。
例えば「明日」は「あす」ではなく「みょうにち」と読みたい、「123」を「ひゃくにじゅうさん」ではなく「いちにいさん」と読みたい、この部分は強調して読みたい、この部分はゆっくりと読みたい、等の場合があります。

このような目的のために、コンピュータによる音声合成の方法に細かな指示を与えるの方法の一つが、音声合成マークアップ言語(SSML)です。SSMLはSpeech Synthesis Markup Languageの略で、W3Cにより制定されました。

音声合成マークアップ言語(SSML)ファイルはXML形式のテキストファイルですのでメモ帳等のテキストエディタでも編集可能ですが、タグ等の意味を熟知する必要があります。当スピーチエディタは音声合成マークアップ言語(SSML)を視覚的に簡単に編集するためのツールです。

1.2 動作環境

音声合成マークアップ言語(SSML)の適用範囲は音声合成ソフトのベンダーにより異なるもので、当スピーチエディタはマイクロソフト社が提供する音声合成テクノロジーであるSAPI5に対応したものです。
当ソフトウェアの動作にはコンピュータにSAPI5がインストールされている必要があります。
(注)SAPI:Speech Application Programming Interface

Windows8, Windows10

Windows8,10は標準でSAPI5が登録されていますので、直ぐに利用できます。

Windows7

Windows7の場合は次のようにSAPI5の準備をして下さい。

(1)Microsoft Speech Platformのランタイム ライブラリ

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=27225

x86_SpeechPlatformRuntime¥SpeechPlatformRuntime.msi
または
x64_SpeechPlatformRuntime¥SpeechPlatformRuntime.msi
をダウンロードしてインストールして下さい。

(2)各言語用のファイル

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=27224

MSSpeech_TTS_ja-JP_Haruka.msi (日本語、女性、はるか)
などをダウンロードしてインストールして下さい。

(3)SAPI5に登録

sapi5.regをダウンロードし、ダウンロードしたsapi5.regをクリックしてレジストリに登録して下さい。

1.3 プログラムの入手

下記のアドレスより最新版のスピーチエディタプログラムをダウンロードできます。
http://maplesoft.co.jp/download/speech.zip

1.4 インストール方法

ダウンロードしたzipファイルを適当なところに展開して下さい。
展開してできたフォルダーの中にはspeecheditor.exeが含まれます。

1.5 起動方法

スピーチエディタを起動するには、インストールフォルダ内のspeecheditor.exeを右クリックしてコンテキストメニューから「開く」を選択するか、speecheditor.exeをダブルクリックして開きます。
またスタートにピン止めする、タスクバーにピン止めする、ディスクトップにショートカットを作成するなどにより簡単に起動するようにもできます。

1.6 アンインストール

インストールフォルダーごと削除して下さい。

PageTop このページのトップへ

Copyright (C) 2018 株式会社メイプルソフト, All rights reserved.    個人情報保護ポリシー