RAINBOWは工務店などの建築及び建設業向けの先進の工事管理、支払管理、原価管理システムです

製品情報

支払管理システム RAINBOW/5

⇒カタログ(PDF)のダウンロード
⇒試用版プログラムのダウンロード
⇒マニュアルの閲覧
⇒FAQ
⇒変更履歴

RAINBOWとは

RAINBOWとは工務店などの建築及び建設業向けの工事支払管理システムです。発注先に対する支払を効率的かつ的確に管理することを第一の目的とするものです。支払業務は実行予算の作成、支払予算の作成と発注先の決定、発注書の作成、発注先よりの請求額の査定と支払額の決定、現金手形などの支払方法の決定、支払明細通知書作成、会費等の領収書作成、また銀行に対する振込依頼書作成など多岐に渡ります。RAINBOWではこれらの業務が迅速に行えるように工夫されています。
支払管理業務の中心となるデータは支払日に於ける業者に対する実際の支払です。支払業務を効率的に行うことは勿論ですが、この支払データに工事種別や会計科目等の付加情報を入力すれば付加的に工事原価管理や会計管理に必要な情報を得ることができます。RAINBOWはこの事に着目して作られたシステムです。

工事原価管理について

1つの工事は基礎工事、大工工事、鉄筋工事、電気工事、内装工事など複数の工事より構成されています。これらを工種といい、1つの工事の原価は工種毎に管理されます。RAINBOWでの実行予算は工種毎に作成されます。また支払データには工種を付加することができます。RAINBOWではこれらを工種毎の予算と支払実績を元に原価管理を行います。さらに工種をより細かく分類した細目による原価管理も行えます。

会計管理について

工事の支払管理を一般的な工事用財務会計システムを使用して行っている事業所もあります。会計伝票に工事番号や支払先を記入して処理するものです。このように会計伝票を用いて支払管理を行うことも不可能ではありませんが、会計システムには支払額や支払方法の決定に対して特別な機能は用意されていませんので効率的に行うには不向きでした。RAINBOWには支払業務に特化した便利な機能が用意されています。また財務会計システムは会計に精通した担当者が運用しますが、RAINBOWは専門的な知識がなくても利用できます。さらに業務を分担し、例えば予算作成を設計者に、支払額の査定を現場担当者に任せることなども可能になっています。RAINBOWで会計処理を行うには、入力する支払データに会計科目を付加するだけです。RAINBOWではこの入力されたデータを元に自動的に会計情報を作成します。工事台帳、仕分日記帳、未成工事支出金集計、完成工事原価計算書、など工事に関する会計処理はほとんどRAINBOWで行えます。従って財務会計部門では工事や支払先の管理は行う必要がなくなり、簡潔な処理とすることができます。またRAINBOWには仕訳データをエクスポートする機能もありますので、財務会計システム側で取り込むことも可能です。

システムの特徴

●業者に対する支払管理を中心にした分かりやすく現実的なシステムです。
●建設工事、建築工事、舗装工事など複数の業種を扱うことができます。
●工種毎、細目毎の原価管理ができます。
●科目毎の原価管理ができます。
●実行予算の作成により工種及び原価要素(材料費、労務費、外注費、経費)毎の予算管理ができます。
●支払先に対する支払予算を作成し管理することができます。
●工事外の支払も管理できます。
●社内で発生した労務費や減価償却費なども工事原価に振替られます。
●受注先よりの入金も管理できます。
●立替金の支払や受取も管理できます。
●消費税は入金、支払とも取引先毎に内税、外税、非課税の設定ができます。
●財務会計処理に必要な会計データを日次に集計して作成します。
●財務会計に必要な明細書や管理表を作成します。
●画面上で即時に工事状況や支払状況が確認できます。
●入力されたデータはディスク容量に応じて1年以上何年分でも記録できます。
●月次締めや年次締めなどの更新処理がありませんので、いつでも必要なときに遡ってでもデータを追加修正することができます。
●発注書、支払通知書などは、貴社の様式に合わせて印刷することができます。また白紙に罫線やロゴを用いて自由に設計した様式を印刷することもできます。

操作性

●全ての処理はツールバーのアイコンより素早く選ぶことができます。
●工事番号や取引先などのコード入力は、コード検索ダイアログより選ぶことができます。また読み仮名よる検索も可能です。
●入力したデータは一覧表示され、過去のデータも簡単に調べることができます。
●データ入力中にでも、新しい工事や支払先を登録することができます。
●支払データ入力での工種や科目の入力は、学習機能により支払先毎に自動的に表示されます。
●画面を閉じなくても、別の処理ができるマルチドキュメント仕様になっています。

Copyright (C) 2010 株式会社メイプルソフト, All rights reserved.    個人情報保護ポリシー