テキスト⇒XML変換システム T2XはプレーンなテキストをXMLに変換する新発想のシステムです

製品情報

テキスト⇒XML変換システム T2X


⇒プログラムの無料ダウンロード(2011.06.06更新)
⇒マニュアルの閲覧
⇒FAQ
⇒変更履歴(2011.06.06)

T2Xとは

T2XはプレーンなテキストをXMLに変換するためのシステムです。メールやウェブページ、社内文書など、もともとデータを取り出すことを意図していないようなファイルよりデータを取り出し、処理しやすいXML形式に変換するためのものです。変換方法の指定には正規表現という柔軟で強力なテキスト処理機能を用いていますので、受注メールのように複数の宛先に複数の商品明細が記述されているような複雑な構成や、件数や項目の一定しない内容にも柔軟に対応することが可能です。
T2XはテキストをXMLに変換するためのT2Xコンバータと、コンバートするための変換規則をビジュアルにテストしながら作成できるT2Xスタジオの2本のプログラムから成り立っています。

T2Xの特徴

・テキストを指定の形式のXMLへ変換します。
・正規表現を利用した柔軟な項目指定ができます。
・テキストの構造に左右されない任意の構造のXMLに変換できます。
・XML要素の出現順序はテキスト内での項目の出現順序に左右されません。
・任意の要素名が指定できます。
・テキスト内の項目を要素だけでなく属性にも指定できます。
・繰返し要素の処理ができます。
・繰返し要素の子要素として繰返し要素が指定できます。
・要素数や階層は無制限です。
・複数の変換規則から該当する変換規則を自動的に判断し適用します。
(例)楽天受注メールとヤフー受注メールを自動的に判断して同一形式のXMLに変換することも可能です。

T2Xの用途

・テキスト文書のデータ化
・既存文書のXMLデータベースへの読込み
・受注メールより受注データの取り込み
・HTMLよりのニュース記事の抽出
・アンケートフォームの取り込み

Copyright (C) 2010 株式会社メイプルソフト, All rights reserved.    個人情報保護ポリシー