スピーチエディタは音声合成マークアップ言語(SSML)を視覚的に簡単に編集するためのツールです

スピーチエディタ

スピーチエディタ

⇒プログラムの無料ダウンロード(2020.02.08更新)

⇒マニュアルの閲覧

⇒FAQ

⇒変更履歴(2020.02.08)

スピーチエディタとは

人間の音声をコンピュータにより人工的に作り出すことを音声合成といいます。特にテキスト(文章)を音声に変換することをテキスト音声合成といいます。
最新の技術により、入力されたテキストはそのままで自動的に音声に変換することができるようになりましたが、意図的に音声出力を変えたい場合もあります。
例えば「明日」は「あす」ではなく「みょうにち」と読みたい、「123」を「ひゃくにじゅうさん」ではなく「いちにいさん」と読みたい、この部分は強調して読みたい、この部分はゆっくりと読みたい、等の場合があります。

このような目的のために、コンピュータによる音声合成の方法に細かな指示を与えるの方法の一つが、音声合成マークアップ言語(SSML)です。SSMLはSpeech Synthesis Markup Languageの略で、W3Cにより制定されました。

音声合成マークアップ言語(SSML)ファイルはXML形式のテキストファイルですのでメモ帳等のテキストエディタでも編集可能ですが、タグ等の意味を熟知する必要があります。当スピーチエディタは音声合成マークアップ言語(SSML)を視覚的に簡単に編集するためのツールです。

スピーチエディタの特徴

・複数の話者に対応しています。
・一人で複数の言語に対応し、部分的に別言語で話すことができます。
・数字を序数として、数字のまま、電話番号としてなど異なる読み方の指定が可能です。
・部分的に協調、音程、速度、音量などが指定できます。
・部分的に読み方を変更することができます。
・音声変換結果をWAVEファイルとして出力することができます。
・SSMLファイルとして出力し、対応しているアプリケーションで使用することができます。

PageTop このページのトップへ

Copyright (C) 2018 株式会社メイプルソフト, All rights reserved.    個人情報保護ポリシー